勉強が得意な先生には、勉強が苦手な子どもの気持ちは分からないのでは?

ブログ

こういったご心配に対して、当塾ではハッキリとした答えを持っています。

 

「勉強が苦手な大人には、そもそも先生たる資格はない」ということです。

 

まず前提としてご理解いただきたいことは、子どもたちに勉強を教えて、

 

それを理解させるためには、子どもたちの数倍の学力(知識と理解力)が必要不可欠なのです。

 

「数学って難しいよね。先生も中学生のときは理解できなかったし、〇〇くんができないのも仕方ないよ」

 

先生と呼ばれる大人が、このように子どもたちと同じレベルで共感していたのでは、

 

教わる子どもの学力はまず上がりません。

 

ですから、先生たるもの基礎学力が高いことは、当然の前提条件なのです。

 

では次に、「勉強が苦手な子どもの気持ちを理解できるのかどうか」についてご説明します。

 

先生と呼ばれる大人は、一般的に進学校や難関大学を卒業している割合が高いと思います。

 

そんな環境で過ごしていると、毎日、毎時間、イヤというほどに自分の力不足を感じることになります。

 

解けない問題にたくさん遭遇し、そんな難問をいとも簡単に解いてしまうクラスメイトがいるわけです。

 

勉強ができればできるほど、より勉強ができる人たちと一緒に過ごすことになるという訳です。

 

ですから、比較的勉強が得意だった大人ほど、勉強ができない苦しみを必ず経験しています。

 

ということで、勉強が得意な先生ほど、勉強が苦手な子どもの気持ちは良く分かります。

 

高槻市の小中学生向け

自立学習型・個別指導塾

ecre STUDY PLACE Daizoji

 

【お問い合わせ】

TEL:072-668-6776

E-mail:info@e-cre.jp

タイトルとURLをコピーしました