数学が苦手なお子さんへ

ブログ

本来、数学という教科は、「論理的に物事を考える力」を養う教科です。

 

「原理原則を理解できれば、あらゆる具体例について正解を導けるようになる」

 

というのが数学の面白いところです。

 

ただし、これは数学が得意な人にとっての話です。

 

数学が苦手な人にとっては、そもそも「原理原則」の部分を理解して、

 

各々の事例に結びつけて考えることが難しいわけですから、

 

それを面白いだろうと言われても少しも面白くない。

 

むしろ、苦痛でしかありません。

 

そこで、

 

「数学は苦手だけど、受験のためにある程度の得点をどうしても取れるようになりたい」

 

というときに、成果を上げる方法があります。

 

それは、「解き方の暗記」です。

 

数学を「考える教科」ではなく、「暗記教科」としてとらえるというやり方です。

 

数学を「暗記教科」として割り切ってしまえば、次のような流れで勉強できるようになります。

①問題文を読む

②わからないときは、すぐに解答解説を読む

③それをノートに写しながら覚える

④解答解説を閉じて、もう一度同じ問題を今度は自分の力で解く

 

お気づきのとおり、英単語を覚えたり、地名や人名を覚えたりするのと同じ流れです。

 

この勉強方法のメリットは、わからないのに永遠と

 

「考える」という無駄な時間を大幅に減らせることです。

 

解き方を覚えてしまう勉強方法は、

 

本当の意味では数学の勉強として正しくないのかもしれません。

 

しかし、数学が本当に苦手な子どもたちにとっては、

 

「この方法しかない」と思えるほどに救いとなる方法です。

 

ぜひ、ご家庭でもお試しいただければと思います。

 

 

 

高槻市の小中学生向け

自立学習型・個別指導塾

ecre STUDY PLACE Daizoji

 

【お問い合わせ】

TEL:072-668-6776

E-mail:info@e-cre.jp

タイトルとURLをコピーしました