塾は失敗が許される場所。だから、たくさん解いて、たくさん間違えて欲しい

ブログ

塾は、生徒にとって

 

「たくさん解く場所」であり

 

「たくさん間違える場所」であるべきだとエクレは考えています。

 

なので、エクレの授業はこんな感じで進みます。

 

①生徒が問題を誤答する。もしくは、途中までしか解けない。
②その子のノートを確認し、「なぜ間違えたのか」という点を明らかにします。
③次につながる修正を指示し、「できる」まで、繰り返し、何度でも、解かせます。

 

講師がダラダラと説明すると、時間はあっという間になくなります。

 

そして、生徒は説明を聞いているだけで「勉強した気」になります。

 

エクレでは、説明は「あえて」ポイントのみで、

 

すべての生徒がすぐに「演習」に取りかかります。

 

(もちろん、ここで自信のない子には講師がフォローに入ります。

絶対に放置はしませんのでご安心ください)

 

「説明を聞いている時間に、その子の学力は上がらない」というのが、

 

エクレがこれまでの経験から得た結論です。

 

厳しく聞こえるかもしれませんが、

 

「自分でやらない限り」「自分で間違わない限り」

 

その子の成長はありません。

 

 

 

高槻市の小中学生向け

自立学習型・個別指導塾

ecre STUDY PLACE Daizoji

 

【お問い合わせ】

072-668-6776

タイトルとURLをコピーしました