「勉強」とは何か?

ブログ

先週からスタートした夏期講習会では、

 

初日からガツガツ問題を解いてもらっています。

 

たくさんの問題を解き終わると「ふっ」と息を吐いてほっとした表情になる生徒がいます。

 

ですが、ここが危険なポイントです。

 

問題を解くことは、厳密な意味での「勉強」ではありません。

 

「勉強」の準備ができた状態です。

 

なぜならば、問題を解くことで

 

「できる問題」と「できない問題」を区別できたからです。

 

そして、ここから「できない問題」を「できる問題」に変えていくことこそが「勉強」です。

 

問題を解いたり、答え合わせをするだけで満足してはいませんか?

タイトルとURLをコピーしました