「やらない」理由を探さない

ブログ

「私は頭が悪いから・・・」

 

困難に直面したとき、この言葉は

「やらない」理由の免罪符となってしまいます。

もしお子さんがこのような発言をする場合は、

そのマインドセット(考え方)から変えてあげないと、

成績を飛躍的に伸ばすことは難しいです。

 

まずは、やってみること。

それも中途半端ではなく、なるべく徹底的に。

そうすることで、新しい自分の可能性と「出会う」確率が高まります。

「仕事」は結果に意味がありますが、「学び」は過程に意味があります。

「学び」において大切なことは、自分を信じてとにかく前に進むことです。

失敗もするでしょうし、傷つくこともあるでしょう。

誰かに迷惑をかけることもあるかもしれませんが、それこそ「若さの特権」です。

人生の残された時間も長いのですから、

生徒や学生でいられる期間はたくさんの挑戦や失敗をして欲しい。

すべては等身大の自分に最適な未来選びにつながっていきます。

タイトルとURLをコピーしました