真剣な話をしようとすると逃げてしまう・・・

ブログ

そう嘆いておられる親御さんは、とても多いです。

真剣な話をするときに、子どもが聴きたくない話ばかりをしていませんか?

このような親御さんにほぼ共通していることは、言葉が強すぎることです。

一般的に相手の背景を深く知ることで言葉は強く出ますから、

子どもの情報を多く持っている親御さんの場合は、

言葉が強くなりやすい傾向があります。

 

そこで、ひとつアドバイスです。

真剣な話をするときに、気をつけなければいけないことがあります。

それは、「子どもの人格を否定しない」ということです。

 

「人格を否定しない」を、もっとわかりやすい別の言葉に置き換えると、

「変えられないことを否定しない」「価値観を否定しない」になります。

 

この原則を覚えておけば、大事故は防げます。

タイトルとURLをコピーしました