主体性不在の「管理」が嫌々を生み出す

ブログ

思春期の子どもの勉強の嫌々を生み出している最大の原因は、

親(や先生)による「管理」です。

つまり、嫌々の正体は「やらされ感」。

大人だって、自分からやっていることは楽しいですが、

やらされていることは楽しくありません。

 

この理屈に従えば、学習塾も生徒の勉強を

「管理」すべきでないということになります。

もしそれが可能なのであれば、そうあるべきでしょう。

 

しかし、現実には勉強の「管理」をしない学習塾に通わせたところで、

勉強嫌いの生徒の成績が伸びることはありません。

むしろ、成績を伸ばしている学習塾であるほど生徒の「管理」が徹底されています。

 

中学生であれば、勉強が好きか、かなり意志の強い子でない限り、

独学は厳しいでしょう。

そのどちらにも当てはまらないのであれば、

ひとりで勉強できないのはごく普通のことなのです。

なので、勉強が好きではない、意志が弱い子が、

学習塾に勉強を「管理」してもらうことは、何も悪いことではありません。

むしろ、自ら進んで「管理」してもらった方が勉強がはるかにうまくいくことでしょう。

 

大事なのは、「管理」されることを本人が納得しているという大前提があること

学校であろうと、学習塾であろうと、本人の主体性不在の「管理」は嫌々を生み出すだけです。

タイトルとURLをコピーしました