同じ目線で語れるかどうか

ブログ

「失敗したなぁ・・・」と感じているとき、

それを面と向かって指摘されるとどうなりますか?

素直に認めたくない気持ちや、

それを正当化しようと自己弁護に走るのが人間の心理というものでしょう。

親が小言を言いたくなるタイミングというのは、

子どもも同じようなことを考えていることが多いです。

「そろそろ勉強しないとなぁ・・・」

「宿題をやらないといけないなぁ・・・」

というような感じです。

 

そこで、

「勉強をしなさい!」

「宿題をしなさい!」

と指摘してしまうと、自己弁護が始まるわけです。

「いや、ちょっと息抜きをしていただけだよ!」

「これから宿題をやろうと思っていたのに!」などと。

 

これは、伝え方(言い方)やタイミングが原因で不幸な対立が生じてしまう典型的な例です。

大切なことは、「同じ目線で語れるかどうか」です。

親と子は敵ではなく、味方同士だという当たり前のことが、

日常生活の中でぼやけてしまっているのはよくある話です。

そして、親もまた子どもと同じように、

失敗を繰り返してきた人間であることを自覚すべきです。

先に失敗している分、子どもの失敗が目につくだけなのですから。

 

こういう場合に効果的な「キラーワード」をひとつご紹介します。

「私があなたの立場なら、確かに・・・」

「わかるよ、私もそうだった」は、

子どもの懐に入り込む殺し文句です。

これはひとつの例ですが、「同じ目線で語れる」とは、そういうことです。

親はいつでも子どもの味方であるということを、しっかり伝えてあげてください。

タイトルとURLをコピーしました