小学生の塾はいつから?

ブログ

文科省の調べによれば、

公立に通う小学生の4割、

私立に通う小学生にいたっては約4分の3

が塾に通っています。

小学生が塾に通うのは、もはや当たり前の時代だといえるでしょう。

 

 

学年が上がるごとに塾に通う割合も増えており、

6年生は公立でも半数以上が塾に通っています。

高学年になるほど授業も難しくなるため、

授業についていけないお子さんを塾に通わせたり、

中学校進学に備えて塾に通わせるケースが多いようです。

 

塾に通うと早めに不安の芽を摘んでくれるだけでなく、

得意分野を伸ばして先取り学習もできます。

お子さんのレベルに合った指導をしてくれるのが、学校と違った塾の強みです。

 

塾に通う大きなメリットとしては、

定期的に勉強することで、学習の習慣化にも効果があります。

小学生のうちから勉強する習慣が身についていると、後々の成績にも好影響を与えます。

 

お子さんの成績や学習状況を見直して、

この機会に塾を検討してみてもよいのではないでしょうか。

当教室は、見学だけでも大歓迎です。

体験授業もできますので、お気軽にお問い合わせください。

 

出典:文科省 平成30年度「子供の学習費調査」

タイトルとURLをコピーしました