塾選びは難しい

ブログ

塾選びが難しいのは、その意思決定が「未来に対しての決定」である点です。

「その塾を選んだ結果どうなるか」の答えが、すぐにはわからないのです。

親が意思決定者となる小中学生の場合、さらに難易度が高まります。

実際に通うことになるのは、親ではなくて子どもだからです。

 

・これまで通ってきた塾
・同じ学校の友だちが通っている塾
・全国にたくさんの教室があり、CMなどもやっている大手の塾
・子どもの同級生の親に勧められた塾
・家の近所の塾

 

どれも、その塾に興味を持つきっかけとしては良いと思います。

しかし、気をつけなければならないのは、どの観点もわが子にとってのベストの選択肢であることを示しているわけではないということです。

 

きっかけにしかならないものを「判断基準」にした場合、成功は完全に運任せです。

決して安くはない教育費という意味でも、子どもの人生の貴重な時間を費やす

という意味でも,これではあまりにももったいないと思いませんか?

 

当教室の体験授業に参加してください。

当教室を選ぶかどうかはそのあとの話です。

一人でも多くの方とお会いして、良い選択のお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました