定期試験で結果を出すために必要な3つのこと

ブログ

 

今回は、定期試験で結果を出すためのアドバイスをします。

①授業時に、分からないところを残さない。

⇒試験範囲は、基本的に授業でやったものです。

ならば、授業を集中して聞くことが大切です。

そのうえで、疑問が残ったら授業後に質問するか、自分で調べて解決しておきましょう。

インプット(入力)は、勉強においてとても大切な知識の入口にあたります。

その際に、自分の中で納得できる形にしておかないと、後で思い出す時に苦労します。

②試験準備期間に、思い出し作業をしておく。

⇒定期試験のおおよそ2週間前から、徐々に準備を始めましょう。

いわゆる、試験勉強に取りかかります。

この時に、どれだけスムーズに進められるかは、のインプット(入力)の質が大きく関係します。

試験範囲の教材やノートを読んでも理解できないことが多ければ、の質を見直した方がよいでしょう。

試験勉強に取りかかるにあたって、思い出し作業をしておくことは、実は定期試験のためだけではなく、

その後の学力にも大きく影響を及ぼすので、ぜひ頑張りましょう。

もちろん、日頃から復習を挟むことができれば理想的です。

③試験直前期間に、得点力を強化する。

⇒試験の前日までに、問題をきちんと解けるレベルまで仕上げます。

アウトプット(答案に書くこと)できる形に仕上げるのです。

試験範囲をひとつひとつ見ながら、間違えたら赤でチェックを入れ、確認作業を行いましょう。

このチェックという作業は、非常に大切です。

目印を付けずに学習をするほど非効率なことはありません。

チェックを片っ端からつぶしていき、すべてのチェック箇所を分かる(解ける)ようにすれば、試験では8割を切ることはまずないでしょう。

まとめ

当教室の授業の特徴は、インプット(入力)とアウトプット(答案に書くこと)を繰り返すことです。

なので、授業を聞いてなんとなく分かったつもりで終わってしまうことがありません。

なぜならば、アウトプット(答案を書くこと)で理解度を見ているからです。

心配はいりません。間違えても大丈夫です。何度でも、繰り返し、指導します。

 

うちの子に合うかな・・・と悩まれている方はぜひ一度、体験授業にお越しください。

タイトルとURLをコピーしました