結果を出すための努力とは

ブログ

教えるだけでは学力は伸びません。

やれというのは簡単ですが、本人の意識が変わらなければ、人は能動的には動けません。

 

今ある結果は自分が引き起こしている。

その事実をまずは認め、受け入れることからです。

何事も他人のせいや何かのせいにばかりしている人は伸びません。

 

時間がない。

私にはどうせ無理。

頭のいい人がうらやましい。

 

そうではありません。

結果を出すための努力とは、

ただがむしゃらに努力するのではなく、

自分の思考を整理して、

本気で努力することです。

結果を意識して努力することです。

 

感覚だけでやっていた部分とか、自分が正しいと思い込んでいたことを、客観的な目で見て

もらいながら、正しい方向に進んでいくことが、塾へ通う目的のひとつです。

 

当教室では「コーチング」を行っています。

自分の中に眠っている「答え」を導き出します。

成功をイメージする力を支え、今何を為すべきかをお伝えします。

当教室にお任せください。

タイトルとURLをコピーしました