うちの子、ほめて伸びる派? 一緒にやって伸びる派? それとも・・・

以下を読んで、お子さんに該当するものにチェックしてください。

①そもそも、宿題をなかなか始めようとしない

②学習机があるのに、別の場所で宿題したりする

③「よくできたね!」と言われると笑顔になる

④自分の答えが間違っていたりすると、途中で止まる

⑤解答や答え合わせがないと不安がる

⑥あと何分、あと何問のように、ゴールが見えないとなかなか進まない

 

上記のチェック項目のうち、お子さんが

「ほめて伸びる派」:③⑥

「一緒にやって伸びる派」:①④⑤

「場所や順番を決めて伸びる派」:②

 

大人でも同じですが、学習や仕事をするときに「自分なりのやり方」というものが存在します。

子どもの個性や気質にもよりますが、特に「ほめて伸びる派」か「一緒にやって伸びる派」か

によって学習のアプローチや効果的な接し方が大きく変わってきます。

 

この3つのタイプを把握するだけで、子どもの伸びしろは大きく変わってくることをご存じでしたか?

お子さんの個性や気質に合った学習環境を知ることができれば

「勉強しなさい!」は確実に減ります。

 

当教室では、お子さんやご家庭の環境をよく把握して、適切なアプローチを行っていきます。

「勉強はしんどいもの」を前提に、学力(成績)の向上という結果をもって

「達成感」や「くやしさ」を培う教育を実践しています。

決して、成績上位のお子さんだけを受け入れる塾ではありません。

学習に特別な支援を必要とするお子さんも受け入れています。

塾に通わせたいが、なんとなく敷居が高くて問い合わせしづらいという方は、

ぜひ当教室にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました