無断キャンセル被害の話【年間約2000億円の被害】

ブログ
この記事は約3分で読めます。
居酒屋無断キャンセル、業務妨害容疑で59歳男を逮捕 警視庁
居酒屋に偽名を使って電話予約し、無断でキャンセルしたとして、警視庁丸の内署は11日、偽計業務妨害容疑で、東京都葛飾区新宿、職業不詳、小林恒夫容疑者(59)を逮捕…

少し前の事件ですが、居酒屋に、1人1万円の食事のコースと飲み放題17人分を予約したが、来店せずに業務を妨害したとのことで逮捕されるという事件がありました。

飲食店の無断キャンセル被害は、年間約2000億円ともいわれているそうです。

 

 

被害の内容は?

  • 予約があるため、他の客の来店を取れない
  • 食材の廃棄が出る
  • アルバイトなどの人件費がムダになる

といった、経営的な打撃がありますが、これらだけでなく、何よりも「時間になっても来ない」「連絡を取っても繋がらない」といったことに対するストレス、つまり、精神的な被害も大きいのではないでしょうか。

一度、このようなことが起こると、次からも少し時間に遅れてくる予約者などが発生すると、「また無断キャンセルなのか?」などと不安になることもあるでしょうね。

 

飲食店以外でも

この【ノーショー(no show)】と呼ばれる、予約時間になっても、無断で連絡なく来店しないという問題ですが、飲食店以外でも同様の被害があるかと思います。

美容院や病院といったサービスの予約に無断で来店するといったものです。

塾においても同様です。

めったにないのですが、先日、エクレでもありました。

お問合せをいただき、体験授業の前にお子様と一緒に教室にきていただくように、アポを取ったのですが、こちらとあちらの予定が合わず、仕方なく授業終了後の22時に設定しておりました。

当日は、22時になったときに、「都合が悪くなった」とのことで、日程変更の連絡があり、別日の同時刻に変更しました。

予定当日になりましたが、22時になっても来られず、連絡もありませんでした。

時間も時間ですし、いつまで待てば良いのかもわからないので、少し待って帰宅しましたが。

 

逆パターンも

この記事を書いていて、以前、高槻のふぐ料理のお店に行ったときのことを思い出しました。

そのときは、ホットペッパーで予約したうえで、来店したのですが、「予約なんて入っていないですよ」と言われました。

予約してたので、ネットの予約完了の画面を見せたのにも関わらず、「予約入ってないけど、まあ、別にいいですけど?」みたいな感じで店に通されました。

あまり気分の良いものではないですよね。

システム等は便利になっても、人為的なミスや不具合などもあるので、こういうところを確実に対応するのが、これからは、より重要なのではないかと思います。

ちなみに、エクレでも、ホームページからもお問合せを受け付けておりますが、基本的に電話にて折り返しのご連絡をさせていただいております。

休校日などの場合は、まれにメールで連絡することもありますが、返信がなければ、不達の可能性も考慮し、お電話するようにしております。

 

 

高槻市の自立学習型・個別指導塾 ecre STUDY PLACEでは、
お子様に最適な学習環境をご提供いたします。
勉強に関するお悩みのある保護者様は、お気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました