「ガラケー女」デマ投稿、提訴された豊田市議が辞職

ブログ
この記事は約2分で読めます。
表示できません - Yahoo!ニュース

8月に茨城県の常磐道で起きたあおり運転事件を巡り、この事件とは無関係の会社経営の女性が、あおり運転をした男の車に同乗していた「ガラケー女」だとのデマをネット上に流したとして、女性から慰謝料を求める訴訟を起こされた原田隆司・愛知県豊田市議(57)が2日、杉浦弘高・市議会議長に辞職届を出し、受理された。議長によると、辞表には「一身上の都合」と書かれていたという。(朝日新聞)

議員として間違った行動をしてしまいました。そして、当初の対応も良くなかったですよね。

かわいそうな気がしなくもありませんが、ズバリ「自業自得」ということになりますね。

この件だけでなく、ネットへの書き込みやネット上で知り合った人とのやりとりなど、インターネットの使い方というのは、配慮が必要です。
特に、子どもたちには、正しい利用方法を、早い段階から学んでもらわないと、スマホを持ってもらうのは危険だと思います。

「ガラケー女」デマ拡散、提訴した女性側が和解拒否
茨城県の常磐道であおり運転をしたとして摘発された車に乗っていた「ガラケー女」とのデマをネット上で流されたとして、愛知県豊田市議の原田隆司氏(57)が提訴されました。 これに対し、提訴した女性は、市議が和解の意向を示しているが、...

 

また、この方は、辞表を提出したことを、フェイスブックで表明したそうですが、SNS好きですよね。
謝罪も、SNSに動画を投稿していましたよね。

しかし、良い大人が、SNSで謝罪や報告ということが、反感を買っているということも認識しないといけませんよね。

 

今後は被害者の方に誠心誠意お詫(わ)びをし、早期に和解して頂けるよう努めて参ります。

 

とありますが、100万円の損害賠償でも、被害を受けた女性は、到底足りないかと思います。

弁護士費用で大半が消えるでしょうし、そもそも、被害を受けた女性は、会社の経営者だそうですよね。

会社への誹謗中傷の電話で、営業妨害を相当受けているはずです。

 

この方はかわいそうなところもありますが、この自業自得の例が、今後、このようなSNSやインターネット上での誹謗中傷などの抑止力になってくれると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました