勉強のやる気がでないときはどうする?勉強のやる気を引き出す5つの方法

コラム
この記事は約3分で読めます。

「勉強しなければいけないのはわかっているけど…」

なかなか勉強をしようという気持ちになれないときもありますよね。

そのようなときには、どうするのが良いでしょうか。

勉強のやる気を引き出す方法には、以下の5つがあります。

自分の周りから不必要なものを遠ざける。
時間を区切って勉強する。
嫌にならない量を設定する。
勉強を習慣化し、やる気に関わらず実行する。
目標を明確にし、それに向かって勉強する。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

自分の周りから不必要なものを遠ざける。

勉強していると、ついつい、ゲーム、漫画、テレビなどが気になってしまいませんか?

意識しないつもりでも、つい、視界に入ってしまうと、どうしても、そっちに気持ちが行ってしまいがちになります。そのようにならないために、勉強に関係のないものは、できる限り、自分の周りから離してしまいましょう。

特に、スマホには要注意です。

誘惑のない環境での学習の重要性はこちらも参考にしてください。

誘惑のない環境で取り組むことが重要。「気分転換という名の甘いワナ」
どれだけ集中して取り組んでいるつもりでも、誘惑があると、それに負けてしまう可能性があります。物理的に誘惑を断ち切るのか、明確なルールを作るのか、いずれかが重要ではないでしょうか。

 

時間を区切って勉強する。

人間の集中力には限界があります。

テスト前や入試前など、どうしてもやらないければいけないものがあったり、これだけはやってしまいたいという気持ちがあると、長時間取り組もうとしてしまいます。

しかし、日々、そのような状態になることで逆効果になり、意欲が低下するということも起こります。

そうならないように、普段から、これだけの時間勉強したら、これだけ休憩するというような習慣を作ってみてはいかがでしょうか。

気分転換しながら勉強することについてはこちらを参考にしてください。

成績を上げるためのコツ「気分転換しながら勉強する!」
人間の集中力には限界があります。無理して勉強するよりも気分転換しながら効率よく勉強しましょう。

 

嫌にならない量を設定する。

やらなければいけない量が多すぎたり、取り組む内容が多すぎると、そもそもやる気になれません。

そのようにならないために、一日でやる量、一時間でやる量などを、自分にとって、無理のないように、設定してみてはいかがでしょうか。

分割して課題に取り組む方法についてはこちらを参考にしてください。

できることから、確実にこなしていく。困難は分割せよ!
課題が山積みだとやる気も失せてしまいます。困難なことは分割してしまいましょう!

 

勉強を習慣化し、やる気に関わらず実行する。

みなさんは朝起きて、当たり前に、顔を洗ったり、歯磨きしたり、朝ご飯を食べたりしますよね。

これは、やりたいかどうかではなく、習慣化しているため、意欲に関わらず、実行している内容です。

同じように、勉強も、やる気が出るか出ないかに関わらず、習慣化してしまいましょう。

勉強を習慣化する方法についてはこちらを参考にしてください。

勉強を習慣化することの重要性。「意志決定という行為に消耗しないこと!」
人は、常に意思決定を行っています。そして、その行為には、たくさんの力を消耗してしまいます。意思決定に力を消耗しなければ、その後の行為に、思う存分力を発揮できるはずです。

 

目標を明確にし、それに向かって勉強する。

みなさんが勉強するのは、なぜでしょうか?

  • どこか行きたい進学先がある
  • 将来なりたい職業がある
  • やりたいことがある

などではないでしょうか。
こういった目標は、自分で設定するのが重要です。
自分で設定した目標であれば、それに向かって頑張ることができます。

自分で目標を決める重要性については以下を参考にしてください。

「やらされる勉強」ではなく「進んでする勉強」! 目標は自分で決める。
自分自身で何ができるのかを考え、行動する、「進んでする勉強」がやらされてする勉強よりも圧倒的に良い結果につながります。

 

まとめ

勉強を継続するためには、やる気が重要です。

やみくもに勉強して、行き詰ってしまうのではなく、やる気のでない原因を知り、やる気を出す方法を参考にして、効率よく、勉強しましょう!

タイトルとURLをコピーしました