塾に通う意味はなんでしょうか?

ブログ
この記事は約2分で読めます。

塾に通う意味は?

突然ですが、質問です。

「塾に通う意味はなんでしょうか?」

たいていの方が、一番に思い付くのが、

「勉強を教えてもらうため」

ということではないでしょうか。

では、例えば、ジムに通うのは何のためでしょうか?

ジムに通うのは、トレーニングの方法を教えてもらうという理由もありますが、自分でトレーニングを行うというのが主ではないでしょうか。

自分の身になるのは?

もちろん、塾やジムに通う際に、以下のようなことも重要となります。

  • 知らないことを教えてもらう
  • 間違っていることを正してもらう

これらのことは、プロに教わる意味・意義としては重要かと思います。

しかし、結局、基本的には、自分で勉強する・自分で運動するというのが、自分の身になる方法ですよね。

横にくっ付いて、逐一教えるというのが、個別指導の意味・意義と思われている方は、世の中には、まだまだたくさんいらっしゃいます。

これは、サービスを受ける側の、生徒・保護者だけでなく、サービスを提供する側の指導者も同様ではないでしょうか。

学校も塾も教育は自立学習型へ

しかし、個別指導塾も、どんどん、自立学習を促す形式へと移行していっています。

今現在は、

「エクレって、問題解いて、わからないとこを教えてもらうだけでしょ?」

などと思われている方も多いと思います。

実際、お問合せをいただき、面談を行った際に、そのように言われ、

「横にくっついてガッツリ教えてもらうところにいきます。」

などと言われることもあります。

横にくっついてガッツリ教えても、勉強するのは、本人です。
安心と教える方と教えられる方の自己満足にしかすぎません。

簡単に何でも質問できる環境にはデメリットがあります。
こちらの記事も参考にしてください。

何でもいつでも質問できることのデメリット。勉強する場所≠教えられる場所
指導時間について ごくまれに、お問合せをいただく中で、指導時間についての不満を言われる方がいらっしゃいます。 1回の授業が70分だとすると、1対1の家庭教師や個別指導だと70分指導してもらえます。 それに対して、 1...

将来的には…

現在の自立学習への移行の傾向を見ると、そのように思われている保護者のお子様の小中学生の方が、大学生になって、個別指導塾でアルバイトをするくらいの時代になると、おそらく、多くの塾は自立学習形式になっているのではないかと思います。

少子化や社会情勢の変化の影響もあるでしょうね。

 

高槻市の自立学習型・個別指導塾 ecre STUDY PLACEでは、
勉強の本質を重視した指導をご提供いたします。
勉強に関するお悩みのある保護者様は、お気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました