成功するかどうかを決めるのは、自分自身。『「負け」ないことは、「勝ち」を意味する!』

この記事は約1分で読めます。

のび太くんが勝つとき。

ドラえもんにおいて、のび太は、いつもジャイアンにケンカで負けるイメージがありますよね。
しかし、一度だけ、ジャイアンに勝ったことがあります。
それは、ドラえもんが未来へ帰らなければいけなくなったときのことです。
ドラえもんに安心して帰ってもらえるように、ジャイアンに決闘を挑んだのですが、ジャイアンが、負けを認めるまであきらめずに、戦い続けました。

負けなければ、すなわち、いつか勝つ。

ものごとにおいて、「負け」を決めるのは、自分自身なのです。
自分があきらめなければ、「負け」ない、つまり、「勝てる」ということです。
例えば、たった一回のテストで、思うような結果がでなかったときに、自分はやってもできないと、投げやりになってしまえば、それは、つまり、「負け」を意味します。
しかし、あきらめず、努力を継続し、次のテストで挽回することは、勝ちを意味します。
そして、その努力の先には、例えば、高校入試における合格などが待っています。

勉強を通じて得られるもの。

子どものうちに、苦労して勉強するのは、大人になってから、乗り越えなければいけない、様々な困難に立ち向かい、それらを乗り越えられる力を身に付けるためでもあります。
今のうちに、人生において、様々な「勝ち」を経験できるための準備をしておきましょう。