苦手教科を作らないためのポイント! 「苦手だと思い込まないこと」

この記事は約1分で読めます。

苦手の原因は?

みなさんには、苦手教科はありますか。たいていの方には、自分にとって苦手だと感じる教科があるはずです。しかし、ものごとへの苦手意識というのは、実は、自分自身が生み出し、その気持ちを強くしているのもまた、自分自身なのです。
きっかけは、些細なことから始まります。「良くない点数を取ってしまった」「その教科の、ある単元がわかりにくかった」「授業であてられたとき、答えることができなかった」「宿題を忘れてしまった」などといったことです。

苦手を探さないこと

たった一回や二回の嫌な経験や失敗から、どんどん苦手な理由を探し出してしまうのです。そうすると、無意識のうちに、その教科を勉強する時間が減ってしまい、どんどん苦手になっていってしまうだけですよね。ですので、苦手だと思っているのであれば、苦手だからこそ、勉強時間を長くしてみて下さい。そうすると、テストの点数が上がるかもしれませんし、その教科を学ぶ楽しさが見つかるかもしれません。

出来ることの幅を広げるために

苦手意識を持つことを辞めると、現実は一気に変わります。「苦手なんて思い込みだった」「むしろ好きになれた」そのように言えれば、素晴らしいと思いませんか。苦手なことに悩まされなければ、出来ることの幅も広がっていきます。これは素晴らしいことですよね。

タイトルとURLをコピーしました