繰り返しにより、記憶を定着させること。情報の優先度を上げる!!

この記事は約1分で読めます。

記憶には容量がある

人間の脳は、記憶できる情報量に限りがあります。そのため、自分にとって、必要のない情報まですべて記憶していると、本当に必要な情報が記憶できなくなる可能性があります。
ですので、優先度の低い情報は、記憶されないような仕組みになっているそうです。

情報の優先度を高める

そして、情報の優先度というのは、脳がその情報を扱う回数に比例していると言われています。ですので、テレビなどで繰り返し目にしたり、耳で聞いたりする情報は、興味がなかったとしても、自然と記憶に残ってしまうのです。
同じことを繰り返し勉強することは、もちろん、大切なことです。それだけでなく、一度の勉強の機会の中で、繰り返し、脳がその情報を扱うことで、より記憶の定着へと結びつけることができるのです。

色々な行為と結びつける

英単語を覚えるときを例にすると、その英単語を眺めているだけでは、覚えることが困難ですよね。目で見て、書いて、発音することで、暗記しようとすると、脳が3回、その英単語を扱ったことになるので、記憶の定着へとつながりやすくなります。このように、英単語と色々な行為を結び付けることで、記憶の定着を強固にすることができるのです。

タイトルとURLをコピーしました