一日一日を大切にする。 「何のために」なのかを考えること

この記事は約1分で読めます。

何となくはダメ

ものごとを行う際には、今、自分自身が、何のためにそれを行っているのかを意識することは、非常に重要です。
まれにですが、「何となく行かされているので…」という理由だけで、塾に来る生徒がいます。
最初のきっかけは、それでも良いかもしれません。
しかし、いつまでも、何となく行かされているという状態であれば、成果にもつながりませんし、続けるのも難しくなってしまいかねません。

自分で踏みしめる一歩一歩

このように、ものごとを自分のこととして捉えられないのであれば、高校に進学したとしても、大学・専門学校に行ったとしても、就職したとしても、自分が何のためにそこに行っているのか、何のためにそれをしているのかを見出すことができずに、挫折するという人生を歩んでしまいかねませんよね。

学んでほしいことは

普段から、自分自身の行動が、何を意味しているのか、何のためにするのかをしっかりと、考えることは、先の人生を歩んでいくにあたって、非常に重要なことなのではないでしょうか。
このようなことは、勉強を通じて、子どものうちに学ぶことが必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました