成績を上げるためのコツ「答えに寄せないこと」

この記事は約1分で読めます。

自己満足にならないために。

問題を解き、答え合わせをした際に、解答や解説を見て、「そういうことか!」といった具合に納得することもあるでしょう。しかし、これは、良くない場合も少なくありません。

解き直す際は、正しく行う。

全く解き方がわからないときは、仕方ない場合もありますが、そもそも解答・解説というのは、その問題に対してのみのものでしかありません。
理解が不十分なのであれば、それよりも、その単元の根本的な内容を、再度、頭に入れ直すことが望ましいでしょう。
解答・解説を見て、納得したつもりになるのでは、次に同じような問題に出会った際に、自分ひとりでは解けないということにもなりかねません。また、答えがわかった上で、再度解き直すとなると、答えへの筋道がわかっているので、答えに寄せていっていることにしかなりません。

成績アップへの第一歩は?

重要なのは、根本的なルールを再度頭に入れること、そして、それらを用いて、再度自分自身の力で解いてみることです。このようにして、解いた経験・知識を積み重ねることは、成績アップへの第一歩となるのです。

タイトルとURLをコピーしました