知らないこと、出来ないことに取り組むのが勉強。 限界をつくらないこと!

コラム
この記事は約3分で読めます。

勉強に取り組む判断基準は何か

「さて、勉強しよう!」と思い立って勉強し始めた時に、「あぁ、ここは無理だ」と諦めてしまったことはありませんか?

数学の証明問題が嫌いだから、英単語を覚えるのが苦手だから、と様々な理由があるかと思いますが、勉強に取り組むか否かを判断する基準として、ごくまれに、学校で習ったか、学校で習っていないかを基準に判断する生徒がいます。

 

限界をつくらない

例えば、英語の授業の終わりに、学校でまだ学習していない単語を宿題として覚えてくるように指示をすると、「まだ学校で習っていないので、覚えられない」といった返答をされることがあります。

こういった返答が返ってくるのは、学校の定期テストが終わったばかりの時期や、文化祭や体育祭などの学校行事が多く開催されるなどの、学校行事で授業があまり進まない場合に多く見られます。

また、こういった事例の中で、もっと良くないものが、数学などで同じ公式や考え方を用いて解く問題であるにも関わらず、それを全く別の問題だと捉えて、「同じ形式の問題を学校では学習していないので、できません」といってしまう場合です。

学校で同じ形式の問題を学習していないといっても、今までに学習した公式や考え方を用いれば解ける問題であるのに、「習っていないから無理だ、自分にはできない」と決めつけてしまうと、すごくもったいないですよね。

やるかやらないかは大きな差となります。

できるかできないかではない。大切なのは、やるかやらないか。
物事においては、能力などとは関係なく、「やるかやらないか」が重要になることがたくさんあります。

 

勉強とは何か

このように、学校で習ったか、習っていないかといった判断基準をもとに、自分にはできないと決めつけて限界を作ってしまうと、問題の問われ方が変わった場合や、実力テスト、入試などになった場合にはなおさら、対応できるはずがありませんよね。

また、自分自身で限界を作ってしまうことは、自分はそこまでしか成長できないと諦めていることにもなりますし、なにより、今の実力以上の成長を自分自身で妨げてしまうことにもなりかねません。

どんなことでも、自分が知らないこと、できないこと、わからないことを理解しようとしたり、一度できなかったことでも諦めずに取り組んで、なんとか吸収しようとしたりすることが勉強なのです。

そして、このような努力を日頃からコツコツと積み重ねることが、未知の困難にぶつかったときに、自分自身の力で克服できるようになる力へと結びつくのです。

このような力を身に付けることができれば、勉強以外の困難にぶつかった場合にも、通用する力へと応用することができます。

 

 

高槻市の自立学習型・個別指導塾 ecre STUDY PLACEでは、
小中学生に最適な指導を行います。
勉強に関するお悩みのある保護者様は、お気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました