成績を上げるためのコツ「普段から本番のつもりで取り組むこと!」

この記事は約1分で読めます。

ミスやうっかりと捉えない。

普段、勉強をする際に、「わかっているから」や「これはテストじゃないから」というのを理由に、「まあ、いいか」と思っていることはないでしょうか。
例えば、「単位の書き忘れ」「計算間違い」「英単語の綴り間違い」「書き間違え」「ピリオド・クエスチョンマークの抜け」などです。
このようなことを、ミスやうっかりと捉えてはいけません。普段から、自分に厳しくすることは、成績の向上には非常に重要となります。

自分に厳しくすること。

普段から徹底できていないことは、入試やテスト本番になったときにだけできるはずはありません。入試での面接などでも同様です。普段できない言葉づかいやマナーは、面接当日にだけ、発揮できるはずはないのです。このようなことは、社会に出てからも同じです。これから先、大人になったときに、みなさんが周りからどう見られるのか、どう判断されるかは、普段の言動から形作られるのです。

このようなことは、勉強を通じて学んでいきましょう。まず、大切なのは、普段から本番のつもりで勉強に取り組むことです。

タイトルとURLをコピーしました