入試に向けてやるべきこと 「内申点を意識する!」Part1

合否判定は

公立高校入試では、当日のテストの結果だけで合否が決まるわけではありません。
「内申点」という中学校での成績に基づく点数と合わせて合否判定が行われます。
当日のテストの点数と内申点の比率は、高校によって異なります。
大阪府の公立高校の一般入試では、内申点の割合は3割から7割の間で決められています。
つまり、総合点の少なくとも3割は、入試の前に決まっていることになります。

これまでとの変化

大阪府では、これまで、内申点は、中学3年生の成績のみで判断されていましたが、平成30年度の入試からは、中学1年生から3年生までの3年間の成績で判断されることになります。
その移行措置として、29年度の入試では、2年生と3年生の成績が内申点に反映されます。

早めからの意識が重要

つまり、今中学1・2年生のみなさんは、今年度の成績が内申点に含まれるということです。
小学生のみなさんも、中学1年生からの成績が入試の結果を大きく左右することとなります。
内申点は公立高校入試において非常に重要ですので、今から意識しておきましょう。

次回は、内申点の上げ方についてお伝えします。