できるかできないかではない。大切なのは、やるかやらないか。

コラム
この記事は約2分で読めます。

言われたことができるかどうか

みなさんは、家や学校や塾で、「勉強をしなさい」と言われることがあるのではないでしょうか。
また、その際に、具体的な指示として、「このようにしなさい」と言われることも多いでしょう。そして、それらについて、大人と約束をすることもありますよね。
その内容について、実際に、実行する人もいれば、実行しない人もいます。

言われたとおりにやってみるのは、非常に重要です。そのことについての記事はこちらです。

成績を上げるためのコツ 「言われたとおりにやってみる!!」
言われた通りにやるというのは、素直さという一つの才能です。そして、まずは、そのことが、確実な成果への近道なのではないでしょうか。

行動を決めるのは自分自身のみ

例えば、難易度の高い問題を解くことを要求されてたのであれば、「取り組んではみたけれど、今の自分の力ではやり切ることができなかった…」といったこともあるかもしれません。

しかし、以下のようなことであれば、できるかできないかではなくやるかやらないかだけではないでしょうか。

  • 自習に来ること
  • 単語を覚えてくること
  • 途中式をきちんと書くこと
  • 宿題をやって来ること

こういったことは、できるできないではありませんよね。このような、やるかやらないかだけのことをしないのは、他でもない自分自身にのみ左右されることです。そして、このような自分の意志でやるかどうかが決まってしまうことは、基本的で、非常に大切なことばかりなのです。

一つ前へと進むためには

もしも、やらないことを積み重ねてしまうと、いつまでも何事についてもやらないという人生を歩んでしまいかねません。
一度くらいの失敗は誰にだってあるので、別に構いません。

しかし、やるかやらないかだけのことが、もし、やれなかったのであれば、次からどのようにするのかを、自分の口ではっきりと約束しましょう。

行動するかどうかというのは、今後の人生においても重要となります。
社会に出た際には、それらは、みなさんが手に入れられるものの大きさに影響します。また、皆さんの評価を大きく左右することにもなるでしょう。

宝くじだって、買わなければ、絶対に当たりませんよね。
自分の足で行動しなければ、何かが始まったり、変わったりすることはないでしょう。
考え込んだり、言い訳をしたりする前に、まずは、行動してみることから始めましょう!

高槻市の自立学習型・個別指導塾 ecre STUDY PLACEでは、
小中学生に最適な指導を行います。
勉強に関するお悩みのある保護者様は、お気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました