できるかできないかではない。大切なのは、やるかやらないか。

この記事は約1分で読めます。

言われたことができるかどうか

学校や塾では、「勉強をしなさい」と伝えられることがあるかと思います。
また、その際に、「このようにしなさい」と言われることも多いでしょう。
実際に、それらを実行する人もいれば、実行しない人もいます。

行動を決めるのは自分自身のみ

難易度の高い問題を解くことを要求されているのであれば、「取り組んではみたけれど、今の自分の力ではやり切ることができなかった…」といったこともあるかもしれません。
しかし、単語を覚えてくること、途中式をきちんと書くこと、宿題をやって来ることなどのように、やるかやらないかだけのことをしないのは、他でもない自分自身にのみ左右されることです。

一つ前へと

そして、やらないことを積み重ねてしまうと、やらない人生を歩んでしまいかねません。
一度くらいの失敗は構いません。
次からどのようにするのかを、自分の口ではっきりと約束しましょう。
行動するかどうかというのは、今後の人生においても重要となります。
社会に出た際には、それらは、皆さんの評価を大きく左右するでしょう。
宝くじだって、買わなければ、絶対に当たりませんよね。
考え込んだり、言い訳をしたりする前に、まずは、やってみることから始めましょう!

タイトルとURLをコピーしました