結果に結びつくまであきらめない。 やれるのは一つだけ!

やり方を貫く

勉強方法というのは色々あります。
例えば、「一週間で単語を50個覚えなさい」と言われたときに、その一週間、ただ単語を眺めるだけの人もいれば、たくさん書いて覚える人もいるでしょう。
必ずしも、いずれが正しいとは言い切れませんが、いずれにしても、コロコロとやり方を変えてしまうのは良くありません。

不安になる場合も

自分が行っている方法に不安を覚えたり、周りから「こういうふうにするといいよ」などと言われたりすることで、やり方を変えてみようと思うこともあるかもしれません。
それは、悪いことではありませんが、本当に自分に合っているのか、自分が行っていることは果たして正しいのかというのは、それほど簡単にはわからないはずです。

そして自信へと

やり方を変えて良いのは、全力でやり続け、それでも結果に結びつかず、嫌なことから逃げるのではなく、最初の方法に代わる新しい方法を自分自身が良いと信じて行う場合のみです。
信念を持って何かを貫くことは、これから先の人生において、物事を行う際の自信へとつながります。