人生を豊かにするためのポイント「想像力を高める!」Part2

前回は、普段の生活から想像力を豊かにすることについてお伝えしました。
今回は、この力を勉強や目標達成に活かすことについてお伝えします。

考え抜くこと。

想像力というのは、勉強においては、英語や国語での読解力、算数や数学での文章題の理解へとつながります。
これらの力を身に付けるためには、できる限り考えて、考えて、考え抜くという習慣が重要ではないでしょうか。
問題を解いていて、間違えた場合は、どうしてもわからなければ、答えを見ても良いですが、問題集の解説は安易には見ない方が良いです。
解説を見てしまうと、分かったつもりになりますが、自分で考えたわけではないので、次に同じことはできません。

どうなりたいか。

さらに、想像力というのは、自分がどうありたい、または、どうなりたいといった目標を持つことにもつながります。
そのようなイメージを持つことができれば、そのためには何をすれば良いか、何が足りないのかを判断することができます。
良いイメージを想像することもできますし、悪いイメージを想定し、それを回避しようという行動を想像することもできます。

子どものうちから想像力を高めることは、勉強はもちろんですが、将来を豊かにすることにもつながります。