成績を上げるためのコツ「学校のワークをきちんとこなす!」

この記事は約1分で読めます。

課題の意図を理解する。

中学校では、教科書だけでなく、教科ごとに「ワーク」が配布されていることが多いと思います。
そして、定期テストの際には、範囲として「ワーク」が指定されることもあるかと思います。
また、提出が求められることもあるでしょう。
みなさんは、この「ワーク」に対して、どのように取り組んでいるでしょうか。
テスト前になって初めて手を付けたり、提出が間に合わないので慌てて答えを写してしまったりする人もいるようですね。
しかし、「ワーク」の内容というのは、教科書に沿ったものなので、それらをきちんとこなすことが、テストの点数及び学力を向上することにつながるのではないでしょうか。

適切な取り組みを行う。

それでは、どのように取り組むのが良いのでしょうか。
まずは、普段の授業の復習として、書き込まずにノートに解きます。
そして、テスト範囲がわかった際には、テスト勉強として、再度、書き込んで解きます。
もちろん、間違えた問題は解き直します。
知らなかった知識については、必ず暗記します。
単純で、当たり前のことですが、これらができているのとできていないのでは、結果は大きく異なります。

タイトルとURLをコピーしました