自分自身を価値のある人間だと信じる。無意識の思考をポジティブに!

無意識が行動を左右する

人間の意識には、有意識と無意識とがあります。
有意識とは、普段私たちが自分で自覚できる意識であり、この有意識を用いて、物事を判断したり、考えたり、悩んだりしています。
しかし、これは意識のうちのたった1割に過ぎません。
もし、普段から、物事をネガティブに考える習慣を持っているとすれば、いくら頭で、「こうしなければ…。」「こうするべきだ。」と考えたとしても、残りの9割の無意識によって、自分の思うように行動できないといったことになりかねません。

運命を左右するのは

マザーテレサの言葉に次のようなものがあります。
「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」
この言葉のように、行動の始まりは、自分自身の思考にあるのです。
そして、その思考が様々な変化をもたらし、運命まで左右してしまいます。
そのため、私たちは、自分で自分自身を価値のある人間だと信じ、ポジティブな思考を持つ必要があります。このことは、必ず、私たちを、良い運命へと導いてくれるでしょう。