ピンチはチャンス!失敗は次に活かすための教訓。

この記事は約1分で読めます。

学校のテストや模擬試験が返却されると、その結果に対して、一喜一憂することも多いのではないかと思います。
結果が良くなかった場合には、落ち込んでしまったり、勉強以外のことまで手がつかなくなってしまったりすることもあるかもしれません。
しかし、テストというのは、結果が良くなかった人を否定したり、落ち込ませたりするためのものではありません。
そうではなく、勉強方法や知識・理解の定着度などを確認するためのものとして実施されるのです。

もちろん、テストの結果が良いに越したことはありませんが、テストの結果が良くなかった場合は、むしろチャンスと考えましょう。
結果が良くないということは、勉強方法、勉強時間、計画など、何かに問題があるということであり、このままではダメだということを知らせてくれているのです。
また、テストで間違えた問題についても同様です。

入試本番で間違えたわけではないので、まだまだ挽回することが可能です。
間違えたものは、自分自身の理解不足として、復習を行い、本番で同じ失敗を繰り返さないように、一つずつ、自分の知識へと変えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました