「やらされる勉強」ではなく「進んでする勉強」! 目標は自分で決める。

コラム
この記事は約3分で読めます。

自分の意志で目標を立てる

心理学に、次のような実験があります。
自分で店を決めて、自分で並んで買ってきた宝くじと、友人に頼んで、ついでに買ってきてもらった宝くじ、2つのうちどちらのほうが当たりそうかという期待度を測定するものです。
この実験では、自分で買った宝くじのほうが、当たりそうだという期待度が高くなるそうです。

自分で決めることの重要性

どうして、自分で買った宝くじのほうが、当たりそうだという期待度が高くなるのでしょうか。
それは、以下の2点が挙げられます。

他人任せにできない

自分で買った宝くじの場合に期待度が上がるのは、こんな大仕事は人任せにはできないという心理が働くためです。
この性質を活かしたのが、ユニクロの、何色ものポロシャツやフリースを発売し、「自分だったらどれが似合うかな?」と強制的に選択させる販売方法です。
強制的ではありますが、自分に一番似合うものを自分で選んで決めさせることで、購入者自身の満足度も満たしつつ、売り上げにも繋げているので、理にかなっていますよね。

自分で決めたものに価値を感じる

一度選択すると、人はそれがほしいという気持ちになります。
店員から「これがお勧めですよ」と言われたものよりも、自分で考えて、自分で選んだものの方が数倍価値があるように感じるという心理です。
そのため、友人に頼んで、ついでに買ってきてもらった宝くじよりも、自分で買うと決めて並んで買ってきた宝くじのほうが、数倍価値があり、期待度も高まるのです。

勉強でも同じ。自分で目標を立てることで、さらなる実力を引き出せます

勉強でも同じです。
親御さんや学校の先生から行きなさいと言われた高校に行くために勉強するよりも、自分で行きたい高校を決めて、その高校に合格するために勉強するほうが、合格した時の喜びも大きく、合格への期待度も高まります。
そのため、何か目標を設定する際には、自分自身で時間をかけて悩み、考えて決めることが重要です。
そうすることで、自分自身で決めた道に進んで努力していることに対して、目標のために頑張っているのだからこれで良いのだと強く信じて進むことができます。
また、強く信じて進むことができるため、多少の失敗があっても諦めない強い心を育むことができ、目標に向かって努力し続ける力を引き出すことができます。
人から決められたことをやらされるよりも、自分自身で何ができるのかを考え、目標を立てて行動できるように日頃から意識しておくことが成功への近道かもしれませんね。

高槻市の自立学習型・個別指導塾 ecre STUDY PLACEでは、
自分で目標を設定し、自分で決めた目標へ向かって頑張れるように指導を行います。
勉強に関するお悩みのある保護者様は、お気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました