自己効力感を高める!頑張れば手が届くが、頑張らないと失敗しそうな目標を設定する

コラム
この記事は約3分で読めます。

自己効力感とは

みなさんには、目標があると思います。
そして、その目標は達成可能できそうなものであり、それに向けて頑張ろうという意識を持つことはできていますでしょうか?

例えば、
「3年後の高校入試で志望校に合格するために、1日10時間勉強しよう!」
といったような、達成できそうか不明確であり、それに向けて努力しようという気が起きないような目標では、なかなかやる気になりませんよね。

何らかの課題に直面した際に、こうすればうまくいくはずだという「結果期待」に対して、自分はそれを実行できるという「効力期待」や自信のことを「自己効力感」といいます。

自己効力感が努力を継続させる

人が意欲的に努力を継続するためには、この「結果期待」と「効力期待」の2つがそろわなければなりません。これは、心理学者のアルバート・バンデューラが提唱した自己効力感理論というものであり、動機づけに大きな影響を及ぼす要因の1つと言われています。

人は、この自己効力感が高いか低いかで、行動へのモチベ―ションが大きく左右されます。

自己効力感が低いと、「やってもどうせできない」とやる前からあきらめてしまい、行動に移すことができません。
自己効力感が高いと、「やれるだろう!」と達成への期待を持つことができ、ポジティブに行動に移すことができるのです。

自己効力感を高めながら目標をクリアする

それでは、自己効力感は、一体、どのようにして高めることができるのでしょうか。

自己効力感を高めるための最も重要なものの1つは、自分自身で成功または達成したという「達成体験」です。そのためには、漠然とした無理のある目標ではなく、次のように具体的な目標設定を行います。

  • 1日30分勉強する
  • 毎週単語を10個覚える。
  • 塾の小テストで満点を目指す。

このような目標であれば、達成できそうですよね。
努力をすれば実現可能な目標設定を行い、それらをクリアすることで達成感を積み上げていくことが良いでしょう。そして、意欲を持続するために、目標を達成した際には、自分自身を褒め、自分はできると自己暗示をかけ、目標のハードルを少しずつ上げていってください。

目標を立てることについては、こちらも参考にしてください。

「やらされる勉強」ではなく「進んでする勉強」! 目標は自分で決める。
自分自身で何ができるのかを考え、行動する、「進んでする勉強」がやらされてする勉強よりも圧倒的に良い結果につながります。
目標を持って勉強を行う「今、自分が何を勉強しているのか」を意識する!
なんとなくする勉強は成果に結びつきません。具体的な目標を持って取り組むことで意識が変わり、よい結果を生み出します。
一日一日を大切にする。 「何のために」なのかを考えること
何をする際にも、「何となく」はよくありませんよね。自分自身が、それを「何のためにするのか」ということを意識することが重要です。

 

高槻市の自立学習型・個別指導塾 ecre STUDY PLACEでは、
自分で目標を設定し、自分で決めた目標へ向かって頑張れるように指導を行います。
勉強に関するお悩みのある保護者様は、お気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました