目標を持って勉強を行う「今、自分が何を勉強しているのか」を意識する!

コラム
この記事は約3分で読めます。

なんとなくする勉強は、時間と労力の無駄遣い

なんとなく勉強しているだけでは、成果には結び付きにくいです。
これは、勉強だけでなく、物事を行う際、すべてに言えます。

勉強が苦手な生徒からよく聞くのが、「何がわかっていないのかがわからない」という言葉です。

そのような生徒は、「学校で今何を勉強しているのか」を尋ねると、「今何してたっけ?」などと、あいまいな返答をします。

逆に、意識が高い生徒は、「○○の単元が苦手だ」「今日学校で○○の単元を勉強したけど、難しかった」といったように、自分の苦手が何であるかということや、今、学校で何を勉強しているのかということを理解できています。

学力からもこのような違いは明確であり、とても重要なことでもあります。
ただ、これらは、意識の持ちよう次第で変えることはできます。

間違った目標を立てない

例えば、単語や漢字を覚えるときに、書いて練習することは非常に良いことですが、「10回書く」という目標を意識しても意味はありません。そうではなく、「単語を覚える」という目標を意識して、練習することが重要なのです。

「10回書く」ということを目標にしてしまうと、「単語を覚える」ことではなく、単純に書くことが目標になってしまいます。

「単語を覚える」という目標も、「どのページの単語を覚える」や「何個の単語を何分で覚える」など具体的にすると、より良いでしょう。

意識の差が結果を左右する

テスト勉強を行う際にも同じことが言えます。

漠然と「テスト勉強をする」という目標では、実際の行動に移すのも難しいですし、いさやろうと思っても、「じゃあ、何のどこから始めたらいいのか」を考えるのに時間を取られてしまい、効率の悪い時間を過ごすことになりかねません。

「テスト勉強をする」と決めたのであれば、テストまでのスケジュールを考えたうえで、「今日は何の教科のどの単元を学習すうる」などと、具体的な目標を持ったうえ効率よく学習することが重要です。
具体的な目標を持っていれば、行動に移しやすいですし、継続もしやすくなり、結果にも結び付けやすくなります。

いきなり、たくさん勉強することはできませんが、意識はすぐに変えられます。

目標を立てることについては、こちらも参考にしてください。

「やらされる勉強」ではなく「進んでする勉強」! 目標は自分で決める。
自分自身で何ができるのかを考え、行動する、「進んでする勉強」がやらされてする勉強よりも圧倒的に良い結果につながります。
自己効力感を高める!頑張れば手が届くが、頑張らないと失敗しそうな目標を設定する
自己効力感を高め、実現可能な目標設定を行い、ひとつずつクリアすることで達成体験を積み重ね、意欲的な努力を継続させることができます。
一日一日を大切にする。 「何のために」なのかを考えること
何をする際にも、「何となく」はよくありませんよね。自分自身が、それを「何のためにするのか」ということを意識することが重要です。
目標を設定し計画立てて学習する! 「定量目標と定性目標について」
定量目標とは 目標には、数値にできるものと数値にできないものがあります。 2つのうち、数値にできるものを定量目標と言います。定量目標を立てるときは、ただ、頑張るではなく、何をどれくらい頑張るのかを意識して、計画を立てることが不可欠となり...

 

高槻市の自立学習型・個別指導塾 ecre STUDY PLACEでは、
自分が何を勉強しているのかを意識してもらい、効率の良い指導を行います。
勉強に関するお悩みのある保護者様は、お気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました