学問に王道なし -There is no royal road to learning- 勉強は、最も平等な競争である。

この記事は約1分で読めます。

スタートラインはみんな同じ

「成績が良い、悪い」ということを、「頭が良い、悪い」と表現するのをよく耳にします。しかし、成績が良い子どもは、はじめから勉強ができたのでしょうか。

もちろん、もともと他の子どもよりも英単語をたくさん知っていたり、学校で習う前から二次方程式の解き方を知っていたりしたはずはないでしょう。

勉強は「どれだけ努力したか」を競う最も平等な競争

勉強ができる子どもの多くはとても努力していますが、自分では努力しているとは思っていません。逆に、勉強が苦手な子どもは、厳しい言い方ですが、努力不足と言わざるを得ないことが多くあります。

勉強ができる子とできない子の学力差を埋めるためには、勉強量だけでなく、勉強の質や集中力などが求められます。

勉強ができなくなった理由を探る

勉強が苦手な子どもには、勉強が苦手になったタイミングがあるはずです。勉強ができるようになるには、そこまでさかのぼり、遅れを取り戻すことができるまで、根気よく努力し続けるよりほかはありません。

これは本当に大変なことかもしれませんが、自分が怠けた分は、自分で取り戻すしかないのです。そして、その苦労を乗り越えたときに初めて「できた!」という達成感を味わうことができるのです。

タイトルとURLをコピーしました