学問に王道なし -There is no royal road to learning- 勉強は、最も平等な競争である。

コラム
この記事は約2分で読めます。

勉強のスタートラインは、みんな同じ

子どもたちが、「成績が良い、悪い」というのを、「頭が良い、悪い」と表現するのをよく耳にします。
しかし、成績が良い子どもは、頭が良いから、はじめから勉強ができたのでしょうか。

すなわち、頭が良いから、大した努力もしなくても、周りの子どもたちよりも、テストで良い点数を取っているのでしょうか?
そんなはずはないですよね。これは、必死に努力をしている人に対して、失礼な考え方なのではないでしょうか。

いくら成績が良い子どもであったとしても、生まれつき、他の子どもよりも英単語をたくさん知っていたり、学校で習う前から二次方程式の解き方を知っていたりしたはずはないですよね。

勉強は「どれだけ努力したか」を競う最も平等な競争

スポーツや競技などでは、身長や体格の差によって、もともと有利不利が左右されてしまうものもあります。もちろん、能力の個人差はありますが、勉強については、同じスタートラインから始まるので、努力を競う平等な競技と言えるでしょう。

勉強ができる子どもの多くはとても努力していますが、自分では努力しているとは思っていません。逆に、勉強が苦手な子どもは、厳しい言い方ですが、努力不足と言わざるを得ないことが多くあります。

それでは、勉強ができる子とできない子の学力差を埋めるためには、どのようにすれば良いでしょうか。

そのためには、勉強量だけでなく、勉強の質や集中力などが求められます。

また、ものごとへの考え方をポジティブにするのも重要となります。

物事を前向きにとらえる!ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変える
ポジティブな言葉や姿勢が物事を前向きにします。学習においても「自分はできる」と前向きな自信を持つことが重要です。
発言や行動と成績の相関関係。「ネガティブな発言・行動をしない!」
物理的な姿勢は大丈夫ですか? 勉強をする際に、物理的な姿勢が悪い状態になってはいませんか? 頬杖をつく 足を組む 椅子の上にあぐらをかく などと、楽だからと、そのような姿勢で勉強してしまっていませんか? ...

それ以外にも、目標設定も重要です。

自己効力感を高める!頑張れば手が届くが、頑張らないと失敗しそうな目標を設定する
自己効力感を高め、実現可能な目標設定を行い、ひとつずつクリアすることで達成体験を積み重ね、意欲的な努力を継続させることができます。
「やらされる勉強」ではなく「進んでする勉強」! 目標は自分で決める。
自分自身で何ができるのかを考え、行動する、「進んでする勉強」がやらされてする勉強よりも圧倒的に良い結果につながります。

 

勉強ができなくなった理由を探る

勉強が苦手な子どもには、勉強が苦手になったタイミングがあるはずです。勉強ができるようになるには、そこまでさかのぼり、遅れを取り戻すことができるまで、根気よく努力し続けるよりほかはありません。

これは本当に大変なことかもしれませんが、自分が怠けた分は、自分で取り戻すしかないのです。そして、その苦労を乗り越えたときに初めて「できた!」という達成感を味わうことができるのです。

高槻市の自立学習型・個別指導塾 ecre STUDY PLACEでは、
最も平等な競技である、勉強において、お子様が最大限の成果を発揮できるように指導を行います。
勉強に関するお悩みのある保護者様は、お気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました